Company

会社案内

会社概要

商号 岩間造園 株式会社
創立 明治14年1月27日
設立 昭和42年4月1日
代表者 代表取締役 岩間 紀久裕
所在地

本社
〒467-0803 名古屋市瑞穂区中山町6-3-2
TEL 052-851-7161 FAX 052-851-7169
Google Map

三重支店
〒514-0304 三重県津市雲出本郷町字川端838
TEL 059-234-0715 FAX 059-234-0716
Google Map

資本金 2,300万円
許可 造園工事業 国土交通大臣許可 特定-29(第1099号)、土木工事業 国土交通大臣許可 一般-29(第1099号)、とび・土工工事業 国土交通大臣許可 一般-29(第1099号)、解体工事業国土交通大臣許可一般-1(第1099号)、 産業廃棄物収集運搬業 067842
愛知県・岐阜県・三重県
事業内容 公園工事・庭園工事・土木工事の設計・施工・管理 樹木診断、草木花など植物の調査・診断
樹木・種苗・肥料・石材の販売・リース
国や地方公共団体から委託を受けた施設の管理・運営
各種イベントの企画、制作、運営、管理 スポーツ、レジャー用品の販売及び飲食店の経営 産業廃棄物の収集及び運搬
従業員数 151名
有資格者数 造園施工管理技士1級 28名、造園施工管理技士2級 35名、造園技能士1級 19名、造園技能士2級 22名、
土木施工管理技士1級 11名、土木施工管理技士2級 16名、公園管理運営士 14名、樹木医 3名、
測量士補 2名、エクステリアプランナー1級 2名、ブロック塀診断士 4名、測量士1名
取引先銀行 りそな銀行 三菱UFJ銀行 他
所属団体 (一社)日本造園建設業協会 (一社)愛知県造園建設業協会 (一社)名古屋建設業協会 
(一財)日本造園修景協会 (公社)日本エクステリア建設業協会
(一社)日本公園緑地協会 (一社)公園管理運営士会 NPO法人日本ビオトープ協会
(一社)愛知県産業廃棄物協会 

ISO9001・ISO14001 統合方針

1.顧客要求事項に適合させることにより、顧客満足の向上を図りつつ、汚染の予防に努めます。
2.品質/環境マネジメントシステムの着実な実行により、要求事項に適合した造園土木構造物を提供し、その有効性を継続的に改善していきます。
3.事業活動に伴い排出される廃棄物の管理を行い、廃棄物の削減、再利用に努めます。
4.当社の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守するとともに、緑豊かなまちづくりで環境保護に努めます。

登録ISO
2017年12月
品質マネジメントシステム(ISO9001:2015)取得
環境マネジメントシステム(ISO14001:2015)を取得
1881年1月 創立 初代 岩間 銀次郎
1967年4月 岩間造園株式会社設立 資本金 1,150万円 代表取締役 岩間 久七
1968年6月 岩間造園株式会社 三重支店設置
1990年9月 増資、2,300万円とする
2000年3月 名古屋市 産業廃棄物収集運搬業許可取得
2003年7月 名古屋市エコ事業所認定(認定番号:00204)
2004年~5月 2005年日本国際博覧会~愛・地球博~において、北エントランスや森林体感ゾーン(日本庭園)・センターゾーンなどの造園工事に参画
2006年4月 愛知県の指定管理者として朝宮公園と木曽川祖父江緑地の運営管理を開始(愛知県で初の指定管理者となる)
2009年2月 名古屋市エコドライブマイスター設置事業所認定
2009年2月 ISO 14001取得
2009年4月 愛知県常滑市の指定管理者として大曽公園・グリーンスポーツセンターの運営管理を開始
2010年4月 名古屋市の指定管理者として白鳥庭園の運営管理を開始
2011年4月 愛知県熱田神宮公園と愛西市親水公園総合体育館をはじめとするスポーツ施設の指定管理者として運営管理を開始
2015年7月 代表者変更 代表取締役 岩間 紀久裕
2017年4月 中部土木(株)と岩間造園が設立したアイ・アンド・シー・コーポレーション(株)が名城公園営業施設tonarinoの営業を開始
2017年12月 ISO9001取得
2018年2月 久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の公園施設の整備及び管理運営を行う事業者が、三井不動産株式会社、大成建設株式会社、株式会社日建設計、岩間造園株式会社によるグループ構成企業に決定

取引先

官 : 国、県、市、他地方団体
民 : 大手ゼネコン各社、大手企業、地元優良企業、個人 他

関連会社

アイ・アンド・シー・コーポレーション(株)、(株)中日本造園土木